胡蝶蘭の歴史

華やかで上品な胡蝶蘭ですが、みなさんはどんなイメージをお持ちですか?なかなか自分では買わないけれど、お祝い事などでいただくと嬉しいですね。飾っておくと部屋がパッと明るくなるような、存在感の大きい胡蝶蘭です。胡蝶蘭の生まれは赤道付近の熱帯地域であり、あたたかいところで育まれた美しさが気品の源になっているのです。

その歴史は世界的にみるととても古いのですが、日本における胡蝶蘭の歴史はまだまだ浅いものです。日本に輸入されたのは明治時代、イギリス人によってもたらされたとされており、輸入された当初は熱帯地域の植物は大変貴重なものでしたので、ごく一部の上流階級の人たちが愛でるようなとても高価な存在で、庶民の手には届かないものでした。しかし、次第に植物栽培技術が発達し温室栽培が可能になると、庶民の間でも胡蝶蘭は普及するようになり、私たちの身近でも楽しむことができるようになりました。胡蝶蘭はラン科の植物ですが、ただでさえ種類の多いラン科のなかでも、特に胡蝶蘭は現在約2万5千種以上あります。

種類がたくさんあること、その見た目の美しさから、現在私たちは贈答用として胡蝶蘭を楽しむことができます。しかし、もともと胡蝶蘭は栽培自体がとても難しく、熱帯植物向けの環境整備も必要ですから、なかなか栽培に手をつける農家が増えなかったというのも、日本での胡蝶蘭の普及が遅れたことの一因といえるでしょう。今では温室栽培が普及・発展し、栽培農家のスキルも格段にアップしているため、胡蝶蘭は贈答用・観賞用としてわたしたちの生活に浸透することはなかったのです。

 

▽特集
贈答品として胡蝶蘭を贈るのに便利な通販サイトです・・・胡蝶蘭 通販

胡蝶蘭の基礎知識

胡蝶蘭はその華やかな見た目から、お祝い事に贈られる主役的存在です。ボリューム感があり、嫌味がなく可憐で美しい、その名の通りまるで蝶が舞っているかのような姿が魅力です。たとえば開店祝いの店先に胡蝶蘭が置いてあるだけでも、お・・・

胡蝶蘭の選び方

胡蝶蘭は贈答用に選ばれることが多い花です。自分用に買うというよりかは、相手へのお祝いの気持ちを表すものとして使われます。胡蝶蘭を贈る際にどういったことに注意をして選べば良いのでしょうか。胡蝶蘭はお祝い事のほかお悔や・・・

胡蝶蘭の管理方法

胡蝶蘭は育ててお花を咲かすまでには手間がかかりますが、一度花が咲けば、後々手間がかからないのがメリットです。せっかくいただいた胡蝶蘭ですから、できるだけ長いあいだお花を楽しみたいでしょう。しかし、いくら息の長いお花とはいえ管理方・・・